珈琲ナビ【人気コーヒー店を家で再現】


使う機会が多いドルチェグストは重宝

投稿者: hanpen, カテゴリー: コーヒーメーカーの利用体験談や情報

ネスカフェドルチェグストを購入してから、コーヒー代が抑えられます。
自分が好きなのは、カフェオレで箱で買っても1000円しませんでした。
カプセルは、16個も入っているので、一個当たり50円くらいになります。
コーヒーの味を際出せるのは、美味しい水で決まります。
ドルチェグストは、ペンギンみたいな形をしていて可愛らしいです。
耐熱ケーブルなので太めのコードで出来ています。
後ろの水タンクに軟水を入れてから、電源ボタンを押すと赤く点滅します。
引き出しに、カップを一個入れてロックします。
赤い点滅が、緑色に変わるとスタンバイ状態になります。
受け皿の上にマグカップを置いて、レバーを右に倒すと出て来ます。
気圧で沸騰させるので、お湯を沸かす時間を短縮することができて待つことがありません。
約15秒ほどで、温かくなるのでこれはたいへん便利です。
マグカップの八分目で、レバーを戻すと止まります。
200ccが目安ですが、マグカップはほとんど同じ造りなので、この量でちょうどよいと思います。
泡立ちがきめ細かく、上部は泡が出来ます。
砂糖や、ミルクを入れることなく、そのまま飲めます。
好みにより味を濃くしたい時は、レバーを早めに止めて量を少なくします。
缶コーヒーがきつい人には、味が抑えられていいと思います。
夏は、アイスコーヒーにしていますが、受け皿を外すと長いグラスを置けます。
グラスに氷を入れて台座に置きます。
ドルチェグストは冷たくは出来ないので、常温で出て来ます。
レバーは左に倒すと出て来ますが、泡立ちが出てお店のアイスコーヒーに見えます。
カップは一回きりの使い捨てですが、アイスコーヒーが50円ほどで飲めるとなると得した気分です。
コーヒーとミルクが別になっているのもありますが、この場合は、コーヒー8個とミルク8個が入っています。
最初にコーヒーをグラスの半分くらいで止めて、ミルクと入れ替えて二層構造のコーヒーが楽しめます。
ミルクは泡立ちが良くて、上部までたっぷりと入れます。
泡を口にしたとき、非常に美味しさを感じます。
8杯までですが、一杯当たり100円くらいの計算になります。
カップには、針で穴を開けた状態になり気圧を加えて注入して押し出す構造です。
15気圧もあるので、すぐ沸騰するのも分かる気がします。
いろいろな味が楽しめて、お得な買い物だと思います。
電化製品は使わなくなるケースが多いですが、夏はアイスで冬はホットで一年中使用できます。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。