珈琲ナビ【人気コーヒー店を家で再現】


有名コーヒーチェーンの比較

投稿者: hanpen, カテゴリー: チェーン展開しているカフェ情報

コーヒーチェーンが大好きで、よく学生の頃から様々なカフェにいっていましたので、有名どころのチェーン店、とくに今回はスターバックスコーヒーと、タリーズコーヒーで比較をしてみたいと思います。

まずは、スターバックスコーヒー。

言わずと知れた有名チェーンで、コーヒー好きならほとんどの人が行ったことのあるお店ではないでしょうか?

アメリカのシアトル発祥で、世界規模で展開しているお店ですね。日本でも、1996年に第1店舗がオープンし、2015年にオープンした鳥取県のお店で、今や47都道府県全てに店舗が出来たことでも話題になりました。

スターバックスっと言えば、様々なフラペチーノが有名ですね。ダークモカチップクリームフラペチーノや抹茶フラペチーノなど通年通してのメニューもありますが、期間限定メニューも随時更新されていますよね。

毎年人気のストロベリーや、ピーチなど、改良されてどんどん美味しくなりますよね。楽しみで毎回飲んでしまう人も多いのではないでしょうか。

他にも期間限定商品は、フラペチーノはもちろんのこと、ティバーナシリーズや、コールドブリューコーヒーなども話題となっていました。

フラペチーノで甘いコーヒーのイメージの強いスターバックスですが、純粋にブラックコーヒーを飲むと、私の印象としては、他のコーヒーチェーンよりもかなり苦めの印象があります。定番のドリップコーヒーではアラビカ種のコーヒー豆を使用しているそうですよ。

続いては、タリーズコーヒー。

こちらも言わずと知れた有名コーヒーチェーンですよね?

こちらもスターバックスコーヒーと同じくアメリカのシアトル発祥なんです。さらに、スターバックスについでコーヒーチェーンとしては全米2位の売上を誇っているようです。

ただ、アメリカ以外は日本と韓国くらいにしか出店していないようで、世界規模ではないようですね。

ですが、日本での店舗数が、2016年で630店舗に拡大するなど、スターバックスにも負けず劣らずの展開をしていますよね。

フラペチーノなど、若い女性をターゲットとしているスターバックスと違い、タリーズはやや上の25歳以上くらいの方をターゲットにしているようです。

なので、スターバックスよりもコーヒー自体の味にこだわりをもっているようですね。

たしかに、私の飲んでみた印象も、純粋にブラックコーヒーを飲むのであれば、タリーズコーヒーの方がマイルドで飲みやすい印象があります。

主な豆はスターバックスと同じ、高品質なアラビカ種を使っているようですが、それ以外にも毎日約10種類前後の豆の中からタリーズのフェローが選び「本日のコーヒー」として提供しているようなので、そこにもタリーズの「コーヒー」へのこだわりを感じますよね。

ただ、もちろん他の甘いドリンクもスターバックスに負けないくらい、私自身は美味しいと思いますので、飲んだことない方は試してほしいと思います。

さて、色々と2つの有名コーヒーチェーンを比較してきましたが、どちらもコーヒーもデザートも軽食も本当に美味しいですよね。

好みは分かれるかと思いますが、皆さんも様々な楽しみ方をして欲しいと思います。

またその他にも、家でコーヒーを楽しむという選択肢もあります。

なかでもネスカフェドルチェグストは評判もいいよく、ネスカフェドルチェグストでいれるコーヒーは最高です。

味もよくコストパフォーマンスもよい。言うことありませんので、ぜひお試しください。

コメントする

フリースペース

バナーやブログパーツなどを貼る。